FC2ブログ
topimage

2019-08

【R1前期公演】リレーブログ!!! 生井愛理編 - 2019.08.20 Tue

こんばんは!

さて、本日もリレーブログです~

今回は小道具、助舞台監督、衣装メイク補佐の生井愛理さんです。
役者も務めていて、ティーチャー役です!

それでは、どうぞ!




毎日お疲れさまです!
福大演研2年、本公演ではティーチャー役及び小道具部とちょっと舞監部、ほんのちょっとだけ衣装メイク部をつとめさせていただきました生井愛理です。
大学では教育を学んでおりまして、ティーチャー役であることに運命を感じている今日この頃です。
さて、周りの方々が趣味嗜好の話をする中、私は特に思い付かなかったので公演期間中の裏話でも。
(以下どうでもいいネタバレを含みます)

私(ティーチャー)には、普段の授業の様子を周りのキャストに説明する回想シーンがあります。
そのときの生徒役は他のキャストが兼ね役でやってくれるんですが、これが本当に問題児ばかりでして…。
授業中に立ち上がりティーチャーにくってかかる生徒はまだいい方で、教科書の代わりにカバンを開き「お先真っ暗」と言いながらそのカバンを頭に被ったり、立ち上がりそのまま舞台の外まで歩いていってしまったり、台詞の語尾を伸ばしたと思ったらライオンキングの冒頭のように歌いだしたり、隣の席の生徒に噛みつかれて泣いていたり……
本人たちの名誉のため誰がどれをやっているかはご想像にお任せしますが、分かる人には分かると思います。
また、この生徒たちの中には上級生二人も含まれていることをここで明らかにしておきます。(怖い話)
このシーンをティーチャーとしてまとめるのは毎回苦労しながらも実はとても楽しんでいたりします。
(ただ、このシーンを三回ほど連続でやったときはしんどかった…)
下手したら私も舞台上で笑いをこらえるのに必死になることもあります。
本番でどこまでのことをやるのかは分かりませんが、皆様にも是非このシーンを見ていただきたいなぁと思います。
会場にて、ティーチャーの苦労を私と共有しましょう!

また、このシーン以外にも回想シーンがいくつかあるのですが、どれも真面目さに適量の悪ふざけを混ぜたような作りになっていまして…。
どのようなものかはご想像にお任せしますが、とても自由で楽しいシーンばかりです。
他にも見所はたくさんありますが、それらは自分の目で実際に見て、発見していただけたらと思います。
皆様のご来場を心よりお待ちしております!!

それではこのへんで。
また機会があれば。




以上、生井さんでした。

生井さんの言う通り、回想シーンはかなり面白い仕上がりになってます(稽古では)。
本番でも暴れてくれるのでしょうか???
お楽しみに♪

そして、生井さんですが、小道具の工夫がかなり高度
客席から見えないからといって、細かいところで笑いをとろうとしています。
皆さんも目を凝らしてみれば、その工夫がわかるかも…?

さて、本日はここまで!!
また明日の更新でお会いしましょう~~!!!!!

スポンサーサイト

【R1前期公演】リレーブログ!!! 小池知花編 - 2019.08.19 Mon

こんばんは!

そうです!リレーブログです。
今回は衣装メイク、制作補佐、ショクニン役の小池知花です。

それではどうぞ。




こんにちは、2年の小池知花です。
リレーブログなので、好きなことを話そうと思います。
好きなこと、といえば色々あります。最近は旅行大好きなので、旅行に行きたいです。近場だったら最近は仙台に行きました。旅行というよりお出かけでした。
遠出したいとなったら、大阪に行きたいです。お笑い見て、たこ焼きを食べます。欲を言えば、九州に行きたいです。九州でエモい写真を撮って、満足して帰りたいです。某麦焼酎のCMが大好きなので、ロケ地巡りがしたいです。
これらすべて、お金と時間がなければできません。もっと働こう、そう思います。時間を作るためには、もっと効率よく行動しなければならないです。
と毎日反省の日々を送っています。

そして、確実に字数が足りないですね。
ということで、字数を稼ぐために、ある試みを実行します。

トリトントントタンタントティントン
トリトントントタンタントティントン


34文字しか稼げませんでした。
ごちそうさまでした。

ショクニン頑張ります。




以上、小池でした。

ちなみに、このブログを書いているのも小池でございます。
いつもお付き合いいただきありがとうございます。

公演期間中は不規則な生活になりがちなので、最近は赤ちゃんのような生活を送るように心がけています。
皆さんと笑顔で会場でお会いできるようにがんばります。

さて、次回は誰なのでしょうか…?
また明日お会いしましょう♪

【R1前期公演】リレーブログ!!! 佐野睦月(クリーン役)編 - 2019.08.18 Sun

こんばんは!

さて、昨日に引き続き、恒例のリレーブログをお送りします!

今回は演出と音響を担当している佐野睦月さんです。
彼女は役者もしているのですが、今回のリレーブログではクリーン役として書いてもらいました。

それではどうぞ!!




♪Get wild and tough ひと~り~では 解けない愛のパズルを抱~いて
Get wild and toughこのま~ちで やさしさに甘えていたく~は~ない(熱唱)♪


あ、別にシティーハンターが特別好きなわけでも、詳しいわけでもないんですけど、歌わなきゃいけないという使命感にかられました。ちょっとだけ見たんですよ。やばいけど面白いなって思ったので、いつかちゃんと見たいですね、シティーハンター。

はい、クリーン役の2年の佐野です。いつも通り深夜テンションのままこのブログを書いております。同期には「とっとと寝ろ」と言われました。このブログ書いたら寝ます。

最近先輩と同期に半角カタカナフルネームで呼ばれます。あと名前で遊ばれます。面白いですね。やばいですね。ヤバムツキですね←

さて、クリーンについてお話ししましょう。
今まで私が出た舞台を見に来てくださった方がどのくらい私を認識してくださっているのかわからないんですけど、私は大学入ってからやらせていただいたどの役も結構セリフがあったと思うんです。

でも皆さん聞いてください。今回の私、クリーンはとにかく喋りません!!!

だから!ブログでは!うるさくしようと!思って!!
……みたけどよくよく考えたら普段から私はうるさかったっていうね、はい。
ずっとクリーンが喋らないものだから、練習中に普通にセリフ言おうとしたらなんか引っかかるというか。「おっと、声が出ないぞ?」ってなってしまって笑いましたね、あれは。本番はそんなことないようにしたいです。

オーディション時の話なんですが「サノムツキがクリーンになるみたいな感じがする」って言われました。元々汚いのから綺麗になるんですかね、いやそんなことはないんですけど。別にこの役やったからって綺麗にはなれないですよ。クリーンですけど。
あとクリーンは清掃業をやっている役なんですけど、整理整頓ができない私がやっていいものなのか……?って感じですね。頑張ります。

あと写真見てくださればわかると思いますが、衣装が黒い!そして全て私服!
普段着ているものに頓着しない質なので、いろんなものに合わせやすいのと黒が好きなので、私服は黒い色のものばかり。持ってる服も少なくて……。それで今までの衣装は人から借りてばっかりだったんですよ。でも今回は「クリーンは黒で」とのことで、全て私服でどうにかなりました。やったね

それから今回は髪型がショートカットですね。ショートのまま舞台に上がるのは……高校2年以来ですかね?久しぶりのショートヘア期間の長さに混乱しながら毎日頑張ってます。こうね、朝の寝ぐせとの戦いが、ね……。あとはちょっと伸びると暑いんですよね。つらい

そんなこんなで暑さに弱い私は元気にがんばってます。舞台全体のことはまた演出のブログで

それではまた、サノムツキでした。





以上、佐野睦月さんのリレーブログでした。


彼女が演じるクリーンですが、とても重要な役です。そして、静か…。
稽古中、そんなクリーンをどう演じようか、真剣に考える姿が印象的でした。

このブログ記事もかなり早めに出してくれました。
ということは、かなり睡眠がとれたんでしょうねぇ(ニッコリ)
彼女にはたくさん寝てほしいものです。同期からの願い

そして!佐野睦月さん、演出としても頑張っています!
公演当日(24日)の更新では、演出としての佐野睦月さんとしてリレーブログを書いていただくので、お楽しみに☆

それでは、また明日のリレーブログでお会いしましょう~!!!

【R1前期公演】リレーブログ!!! 岡﨑佐保・齋藤圭祐編 - 2019.08.17 Sat

こんばんは!
今回からは恒例の【リレーブログ】を更新していきます!!

今日は照明と制作デザイン補佐、大道具補佐の岡﨑佐保さん、
音響部、大道具補佐と小道具補佐の齋藤圭祐さんです!

まずは、岡﨑さんから

それではどうぞ☀




2年岡﨑佐保です。
今回の公演では、照明部・大道具部・制作部をやらせていただいてます。

さて、ぶろぐです。何を書けばいいのか毎度分かりません。思い付きません。どうしましょう。

~2日経過~

私は、自分でストーリーを考えるのが趣味(?)なのですが、時々それで脚本を書いてみることがあります。(完成させるとは言っていない。)ということで、今書いている脚本の一場を丸々載せてみることにしました。(字稼ぎ

ということで、どーん!


 客席の扉を開け、息を切らした朔が入ってくる。(入院服のような服の裾は破けており、片目を隠している布は、その裾のようだ。)深呼吸をすると、周りの様子を窺いながら歩き出す。
 舞台の手前まで来ると緞帳が上がり始める。それを立ち止まってじっと見ている。緞帳が上がりきると、はっとしてまた歩き出す。舞台に上がり中央辺りまで来ると、立ち止まりバッと振り向く。安堵のため息。
 後ろの袖から現れた人物に声をかけられる。

 あの
 わっ!

 朔の驚いた声で明転する。

  あ、すみません。驚かせてしまいましたね。
  い、いえ。その…、何の、用…ですか?
 あなた、研究所から逃げ出しましたよね?
 (動揺を隠そうとしながら)えっ?何の、ことですか?
 これは質問ではなく確認です。あなたの脱走は既に分かっていることなので、大人しく話してください。
 …申し訳ないですが、何のことか分かりません。人違いじゃないですか?
 先程から動揺が隠せていませんよ。まあ、恐れることはありません。僕はあなたの味方ですから。話してください。
  分からないって言ってるでしょう?それに、胡散臭いんですよ、あなた。そのわざとらしい笑顔とか。
  ああ、よく言われます。僕も直したいんですけどね。なかなか直せなくて。
  それが本当にせよ、あなたは信頼に足りないんですよ。分かります?
  ええ、信頼を得るには手の内を明かすべきですよね。もちろん、僕も最初からそのつもりです。

 翼がポケットからナイフ(小型か折り畳み式)を取り出す。

 ちょっ

 翼が自分の掌をスパッと切る。

  ……は?なん、で…。
 (朔の台詞に被せて)これでいかがですか?
  あっ。治…った?
 僕もあなたと同じ、第三種人類です。これだけですが、十分信頼に足りますよね?はるか昔から迫害され続けてきた、同種なら。
 ………はい、まあ。
 それは良かったです!(朔にナイフを手渡しつつ)
 あの、これって…。
  第三種のふりをして保護施設に忍び込む人もいるので、まあ、念のためです。ちょこっとで大丈夫ですから。
  あ…、はい。
  自分でできないようでしたら、僕がやりますけど。どうしますか?
  ……自分で、やります。
 分かりました。……ああ、そうだ。追っ手がつく前にここを離れたいので、あまり時間をかけないでくださいね。
 …分かってますよ。少し黙っててください。

 朔が緊張した面持ちで自分の指先にナイフを押し当てる。

  痛っ。
  確かに、治りましたね。ありがとうございます。

 翼が手を差し出し、朔はナイフを返す。

 では、ご案内します。

 ここからしばらく入り組んだ路地を歩いているので、舞台だけに限らず、花道だとか客席だとかも歩き回るといいと思います。

 あの…
  はい。何ですか?
  あなたは…
 あ、すみません。申し遅れました。僕は、第三種人類保護施設紹介所・○○支部の、宮古翼といいます。
 紹介所…?
 はい。あ、歩きながらでいいですか?保護施設は人目につかない辺鄙な場所にあるんですけど、被験体や奴隷として扱われている第三種は都市部の方が多いんですよ。ですから、逃げてきた第三種と保護施設の橋渡しをするために、都市部に紹介所があるんです。
 なるほど。そうなんですか。
 まあ、僕みたいに紹介所にとどまって職員になる人もいますが。
 それにしても、やけに対応が早かったですよね。まだ、僕が抜け出してから数十分しか経ってないのに。
 ああ。それはですね。○○支部では、管轄区域にある第三種人類を扱っている施設のすべてを監視しているからなんです。
  ○○支部では、となると他のところは?
 なかなかすべてというのは難しいですね。警備が厳しいので、カメラを仕込むのも大変なんですよ。特に研究所は厄介です。まあ、その分脱走者も少ないんですけど。あなたも、よく逃げてきましたよ。
 (俯き気味に)協力してくれた人がいて。彼なしには、とても無理でした。でも、彼は、きっと今ごろ……酷い目に………。
 すみません。
 いえ、あなたが悪い訳じゃないですから。

 気まずい沈黙。

  足元、気を付けてください。もっと奥の路地まで行きますから。
  はい。

 また沈黙が続く。

 あの、どうして保護施設に行かずに紹介所で働いているんですか?
 そうですね……。僕、痛いのが人一倍嫌いなんです。だから、痛い思いをする人を少しでも減らしたくて。
 そう、なんですか。……あっ。じゃあ、さっきのって。
 さっきの?
 えっと、掌…。
  ああ、問題ありません。九歳の時に痛覚は失いましたから。
  えっ。
 別に気にするようなことじゃないですよ。むしろ、僕は痛みから解放されたんです。
 でも、痛覚を失うって……、それだけのことがあった、ってことですよね?
 (振り返って)だからこそ、僕は救いたいんです。幼い頃の自分のような境遇にある人を。…さあ、着きました。ここです。
 えっ。……階段?
  ここを降りたら、到着です。


はい。
一場だけじゃ設定がよく分からないやつですね。
登場人物も男2人しか出てないですしね。

ということで、↓主な設定です。もうこれはあれです。なんとなくでいいです。


●人類→第一種人類~第三種人類に分類される。
   「人類」を省略して呼ぶことが多い。
●第一種→The普通の人。
    (およそ97%)
 第二種→10~20代で成長が止まる。老化もしない。
    (およそ3%)
 第三種→怪我や病気が治るのが早い。ただし,老化はする。
    再生能力の個人差は大きい。
    (1万人に1人くらい)
※不老不死の不老→第二種、不死→第三種のイメージ
●第三種は畏怖され、迫害の歴史を送ってきた。
●隠れ住むようになり、同種間での血縁が濃くなったためか、世代を重ねるごとに再生能力が向上した。
●第二次第三種人類殲滅戦(仮)により、その数は激減。第三種の迫害は世界統一のルールとなり、奴隷や被験体として扱われ る。第三種の被験体のおかげで、医療技術は著しく発展した。
●日本では5年ほど前に、いじめ対策として各学校に数人ずつ第三種を通わせる政策ができた。(第三種をいじめさせることで、表面上いじめをなくすことができる)


登場人物紹介も一応書いてみたんですけど、さすがに現時点でだいぶ長いのでパスってことで。

それではこのあたりで終わりますか。(強引に締め括るスタイル)

前期公演は『』がテーマの舞台です。私が作った重っ苦しい設定とは大違いですね。ですが、そのわりには……登場人物たちはお疲れのご様子で?
彼らはどんなストーリーを紡いでくれるのでしょうか?






はい。以上が岡﨑さんのリレーブログでした!

正直わたし、初めて岡﨑さんの脚本読んだのですが、
「え?やばない?(良い意味)」と思いました…

岡﨑さんはいつも他の人が気づかないところを気づいてくれて指摘してくれるので、とってもありがたいです!
チケットや立て看板などのデザインも岡﨑さんが担当しています。
個人的に、いつも岡﨑さんが考えるデザイン大好きです…
いつもありがとう(直接言いなさい)
皆さんも注目してみてくださいね☆


さて、お次は齋藤さんです!





あっちい。どうも齋藤圭祐です。裏方なんで名前はどうでもいいですかね?それはともかく、今キャストが旅立ちの日を歌ってる中でこの文章を打ってます。昨日は童謡ふるさとを歌ってたし、演研はこの夏合唱部になりました。
閑話休題。もう何回かリレーブログをやってますが、何を書けばいいのか分からないっすね。季節の話でもすればいいのか?先日花火を見に行ったって話でもしますか。打ち上げ花火上から見るか?下から見るか?私は屋台に並びながら見てました。なんの屋台かって?広島風のお好み焼きですよ。すごいですねあれ、屋台の主役のお好み焼きと焼きそばどっちもあるなんて、天才か?ここにポテトとかき氷と焼き鳥とビールを合わせたものも作ってください。花火大会の会場では屋台が多くありましたけど、同じ食べ物でも店ごとに違いというか個性がありました。かき氷でもシロップかけ放題にしてるとか、量が多いとか、そんな感じ。
さてそろそろ公演の話をしなきゃいけないですかね。今回の公演はかなりミニマリスト?です。大道具で作るものも少ないし、参加している人も少ないしね…それでも少ないなりに工夫して作った舞台をぜひ楽しんでください。

最後に私たちは合唱部ではなく、ダンス部でした




齋藤さんでした!
ちなみに、ダンス部らしき動画はTwitterをご覧ください(ニッコリ)

齋藤さんは、大道具や小道具でお仕事をしております!
稽古中は役者がセリフを言えているか確認してくれたり、代役をしてくれたり、とってもありがたや。
いつもありがとう(直接言います)


本日はここまで!
次回は【キャスト編】です!
是非チェックしてみてくださいね~

それでは(^∇^)ノ






稽古日誌⑥ - 2019.08.16 Fri

こんにちは☀ 
福大演研です!

さて、昨日から冷房の効いたところで練習をしております。

やはり、涼しいところは頭の回転が良くなりますね~

本日は、写真をたくさん載せます!!!
それでは、どうぞ!!!

R1前期公演 0815①

これは、息を合わせるためのお歌のワークショップです♪

R1前期公演 0816⑤


歌詞を書く、演出サノムツキです~、かわいいんですよ~ヾ(o´∀`o)ノ


R1前期公演 0816②


こちらは会話のワークショップ!
感情を"込める"だけではなく"抑える"こともできるようにして"演技の幅"を広げることが目的。

R1前期公演 0816①

ホワイト役の廣田くん
彼、突然面白いこと言うんですよ
それが舞台上でも発揮されるのか…注目ですヽ( ´_`)丿


R1前期公演 0816④

R1前期公演 0816③

そして、毎回な感じなんですが、今回も差し入れをいただきました!
本当に毎回ありがとうございます!
感謝感激雨…

R1前期公演 0815②

さて、次回からは【リレーブログ】を更新します!
是非、お読みください~!!!











NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

福島大学演劇研究会

Author:福島大学演劇研究会
 福島大学演劇研究会
劇団 ちょこれーとミックス です。
総勢19名で活動中。

演劇研究会の活動内容を知りたい方はぜひ下にあるリンクからどうぞ(^^)



【公演情報】
令和元年度 福島大学演劇研究会 劇団ちょこれーとミックス
第29回前期公演
「ビー玉たちの夜」
脚本:つむぎ日向
演出:佐野睦月

〈日時〉
2019年8月24日㈯
昼の部 12:30~13:30
夜の部 16:00~17:00
※受付と開場は各回30分前から

〈会場〉
とうほう・みんなの文化センター 小ホール
(福島市春日町5-54)
駐車場無料

〇入場無料




【お問い合わせ】
〇Twitter
福島大学演劇研究会▶@fu_enken

〇メール
fukudai_enken@yahoo.co.jp



公式YouTubeチャンネル


【過去公演特設サイト】
福島大学演劇研究会
平成25年度卒業公演カフカズ・ディック






リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

サークル活動 (34)
公演情報 (27)
団員の日記 (13)
H25年度後期公演記録 (18)
H25年度内部公演感想 (8)
H24年度卒公記録 (32)
文書連絡 (5)
未分類 (31)
H25年度卒業公演 (24)
H26年度前期公演 (13)
H26年度後期公演 (10)
H26年度卒業公演 (14)
H27年度前期公演 (12)
H27年度学祭公演 (8)
H27年度後期公演 (15)
H27年度卒業公演 (9)
H28年度前期公演 (21)
H28年度学祭公演 (7)
H28年度後期公演 (25)
H28年度卒業公演 (17)
H29年度前期公演 (17)
H29年度学祭公演 (8)
H29年度後期公演 (16)
H29卒業公演 (1)
H29年度卒業公演 (15)
H30年度前期公演 (15)
H30学祭公演 (2)
H30年度後期公演 (15)
H30年度卒業公演 (19)
R1 前期公演 (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR